2017年10月27日

SSLの発行証明書でドメインの所有権を確認で詰まった問題

Google先生が、神の一声で、SSL化しないと、
価値下げて、しかもエラーだしますよ?
あっはっは〜。
とか言いやがりまして。

多分、世の中のエンジニア諸兄は、
SSL化とかダルス!
まじふざけんなー。(゚Д゚ )ゴルァ!!

となっているいかと思います。

さて、ルルとしても、この神の一声で、仕事もらってるわけですが、
今回、SSLをサイバートラスト社の証明書で発行することになり、
ドメインの所有権の確認で、つまったので、お伝えしておこうと思います。

ドメインの所有権は、
1.whois情報が一致してる
  仮に、社名が変更になっていた場合。
  東京商工リサーチ で、過去の社名を遡ることができれば、OKとなる。
2.指定URLにhtmlを設置
3.DNS設定で、TXTタイプで、特定の文字列追加

のどれかで、所有権を確認できれば、審査はOKらしい。

まず、面倒なのが、
社名が3回とか変わってる会社・・・。
東京商工リサーチだと、過去の社名変更は、基本的にすぐでるのは
一個前っぽくて、さんざん文句言ったら、
超遡って確認できましたー。
とのこと (/´∇`)/ 〜Φ

で、htmlを設置系。
特定のディレクトリ指定されるので、htmlファイルが即おける環境ならこれでもOK
いやぁ普通に、Apacheとかht系で制御いれてたら面倒くさい状況ですよまったく・・・。
Wordpressとか導入してると多分だるい。

で、DNSで、TXTタイプで特定の文字列追加。
こいつは、わりと簡単ですが、
CentOSとかで、設定が反映されたかどうかを確認する場合。

 nslookup -q=txt ドメイン名かホストネーム

みたいな感じで、コマンド打ってやると、

 Non-authoritative answer:
 ドメイン名かホストネーム   text = "特定の文字列"

って感じで、表示ができます。

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ


あーもー面倒くさい・・・・。
(〃*`Д´)どうしたらいいんだよぉ!


そんな感じでルルでした。



ruru5939 at 19:09コメント(0)CentOS | Linux 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

2006/07/23〜

■ スティッカムでライブ配信 ■
スティッカムで簡単ライブ動画配信

Google

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter
Profile

ルル

巡回リンク
Picture Code
らき☆すたDatabase
チョボにょぽ
STパルス
sbs
ASTRALUNIT
RubyEye
PUSSY・CAT
●今日のふじしま
●ちょこっと「らき☆すた」
●アニメって本当に面白いですね。
●チョボっとLOVE
●カレー攻防
●しょぼいカレンダー
●強火で進め
●無責任ブログ


Stickm絵描き友達
AtelierMARL
RosemaryGarden
└AWAの森(blog)
K・B


お絵描き講座系
人を描くのって楽しいね


リンクに関して
rururoom

ここのブログのバナーです。
サイズは150x30 pix
リンクはフリーです。
画像は落として
使ってくださいな。
問合せに関して
ルルに連絡等ある場合は、
下のアドレスにメールください。
ruru☆cwo.jp
☆を@にしてください。
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ